ザ・80年代的絶景。SUN SELCOのミニショップ

RENT トイレ・給湯室共用
テナント/3.67坪(12.14㎡) 4.32万円
福岡市中央区渡辺通 地鉄渡辺通駅1分

1979年完成。最先端のカルチャーを発信する複合ビルとして、渡辺通りにオープンしたSUN SELCO/サンセルコ。 近年は少し寂しい印象ですが、時代が一周まわった今、80年代的絶景にそそられる方、結構いらっしゃると思います!

福岡の元祖コンプレックスビルといっても過言ではない商業施設、サンセルコ。

こちらのミニショップが空きました!物販やギャラリー、サロンなどを小さく始めたい方におすすめしたい区画です。

赤いラインで囲んだ部分が区画。ゆったりとした共用通路にフルオープンで構える小バコです。
広さは3.67坪。ミニショップやギャラリーなどにいかがでしょうか?トイレや給湯室は共用。
2階部分。エスカレーター近く、ほぼ中央の好立地(30番)。サンセルコWEBより
既存の什器はそのまま利用 or 撤去可能。

施設内は懐かしいインテリアで満たされています。 昭和のデパートにタイムスリップしたかのような錯覚に。

かなりゆったりとした前面通路。ワゴンを置いて商品を陳列することも可(別に料金がかかります)。
モザイクタイルのレリーフその1。アーティスティックな表現が施設のあちこちに。
モザイクタイルのレリーフその2。
ザ・80年代的絶景!

完成時のパンフレットからは当時の華々しさを窺い知ることができます。

施設名に込められた意味、それは、S=ショッピング E=イーティング L=ロッジング C=カルチャー O=オフィス。SUN SELCO という名前はこれらの単語からなる造語だったんですね。つまり、今でいうコンプレックスビルのはしり。ヒルズやキャナルが出来る随分前に、サンセルコは建築されていたのです。 以前はテレビ局も入っていました 。

パンフには「渡辺通りのネオポリス」や「80年代のもっとも公共的な解放区として」といったフレーズが。実際に、敷地には迷路みたいな小みちや大小の広場、坂に見立てた階段(一丁目坂/前面から背面への通りへと抜けている)があり、まさにちょっとした街のよう。

それらの多くが開放されていて、独自の公共空間をつくり出しています。こんなに余裕のある建築は福岡の都心部ではナカナカ見られません。

渡辺通り1丁目交差点からの全景。ホテルニューオータニと連結しています。

リノベーションして使い続けてほしいところですが……残念ながら建て替えが検討されているため、契約は3年間の定期借家契約。再契約については3年後に協議(今のところ数年間は再契約できそう)となります。

取り壊しの足音が聞こえ始めた今、この場所で何か新しいことをスタートして、この地の記憶を次の時代へとつないでくださる方、いませんか?

この画像には alt 属性が指定されていません

物件詳細

間取り
テナント/3.67坪(12.14㎡)
専有面積
3.67坪
家賃
43,200円(消費税、管理費、給湯使用料込)
建物名
サンセルコ
所在地
福岡市中央区渡辺通1-1-1
交通
地下鉄七隈線渡辺通駅 徒歩1分
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造
規模
地下2階/地上10階建て
階数
2階部分
完成
1979年2月
敷金
2ヶ月
礼金
1ヶ月
仲介手数料
賃料の1か月分と消費税
設備
エアコン
入居日
相談
その他
共用のトイレ・給湯室付き
取引
専任
情報掲載日
2019.04.27
情報更新予定日
2019.05.27