2018.04.03

日田の古民家。「大分県の近代和風建築」として選定された美しい木造建築。723坪の敷地に建っています

SALE 飲食やギャラリーにも
主屋+離れ+土蔵3棟(計796㎡)3,300万円
大分県日田市西有田 JR日田駅38分

大分県日田市の古民家が再募集となりました。
723坪程の敷地に、主屋と離れ、そして3棟の土蔵からなる元豪農の屋敷。主屋は明治20年(1887年)築、離れは明治35年(1902年)築という正真正銘の古民家で、県に「大分県の近代和風建築」として選定された、美しい木造建築です。この伝統的な和風建築を活かして引き継いでくださる方を募集します。

もちろん、個人の贅沢な屋敷として、今まで通りの用途でご利用いただくのも良いですが、これだけのサイズがあるので、飲食やギャラリー等がミックスされた複合施設や古民家ホテルなどの事業用としてオススメしたい…この素晴らしい建築が持ち主以外の方にも利用していただけるような施設にコンバージョンされたら良いなと、私たちは考えています。希少価値のある建築の魅力もさることながら、700坪オーバーの大きな敷地、天領地・日田という歴史あるロケーション等々、なかなかお目にかかることの出来ない素材ですし。

用途やそれに伴う改修工事等のハードルはありますが、そこを乗り越えたところにきっと素敵な世界が待っているはず!とにかく想像力を掻き立てる不動産なのです。ちなみに、古い町並みで有名な豆田町から3㎞ほどの場所、里山の麓に位置します。

まずは主屋(12SDK/344㎡)からご紹介します。
※所有者様が入居中なので、撮影できる範囲を撮らせていただきました

外壁のように見えるのは雨戸。その奥に広縁、障子戸、座敷へと続く。壁が無いので雨戸を全開にすれば、かなり開放的な空間になる。庇と広縁が日差しを遠ざけ、更に風が良く抜けるため、真夏でも過ごしやすい。エアコンや扇風機の無い時代、欧米に比べて夏場が蒸し暑い日本の建築は、夏を考えて造られていた。

とにかく見どころ満載の木造建築です。以下24枚の画像をアップしました。ぜひご覧ください。

建物のコンディション等の詳細については、担当が電話でご説明いたします。お気軽にお問い合わせください!
※所有者様が入居中なので、内覧の際は事前にスケジュールの調整が必要です。

 


物件詳細

間取り
主屋:12SDK +離れ:4DK+土蔵3棟 (全部で796.65㎡)
専有面積
796.65㎡
価格
3,300万円
駐車場
有り
所在地
大分県日田市西有田
交通
JR久大本線日田駅 徒歩38分
日田バス石松停1分、日田インター車7分
構造
木造
規模
地上2階建
完成
主屋:1887年 離れ:1902年
用途地域
無指定(建蔽率:70%/容積率:200%)
土地権利
所有権
設備
上下水道、オール電化
その他
「大分県の近代和風建築」に選定
取引
専任媒介
情報更新予定日
2018.05.03